FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 





 仕事が楽しいだなんて 1度も思ったことがない。 








インタビューで “楽しめた” なんて言っている人がいるけど

実際ほんとにそんなこと 思ってる人なんているのかな?

楽しんで出来た とか 仕事が楽しくて仕方がない とか

そう言ったほうが 聞こえは良いし、

キレイでポジティブな言い方で 済ませる。

楽しんでる、楽しんでる、って 言い聞かせる。

自分を誤魔化すための 強がりなんじゃないかな。









結構な マイナス意見 からのスタートでした。
この話の展開から、どうやって blog に載せようと思う内容へと 変化したのか、、、









私は自分をピアニストと名乗ったことなんて1度もないんです。

(なんで?なんで?演奏会とかにもでてるのに?)

ピアニストって、ベートーベン? バッハ? モーツアルト? ショパン??

(すごいメンツ。)

そんな偉大な人達と職業が同じだなんてとてもじゃないけど口が裂けても言えない。

(比べる相手が偉大すぎる・・・) 

ピアニストって くくりが難しいんです。

(確かに。どこからだろう。)

小さい子だって学生さんだって、ピアニストに入るかもしれないし。

(じゃあ、お金を頂くようになってから?)

職業を聞かれたら、ピアノをやっています。って答えてる。

(美容師に置き換えると 髪を切っています的なね。)








だいぶメガティヴな考え方だと思わせたわりには
何故かスケールが大きくなったような。









演奏会を終えてから、楽しかったなんてこれまで1回も思ったことはないし、

そんなことより、

あーもっとこの時代のこの瞬間はこういう背景があったんじゃないか とか

あーこの部分はもっとこういう雰囲気だったんじゃないか とか

あれで良かったのだろうかって、

反省点や修正点がどんどん出てきて

(うん、うん。)





あー、もっと練習しなきゃ。とか

あー、もっと学ばなきゃ。とか

感じなきゃ~って思わせられる。

(よく分かります。)





そして実際にその場面や作り手に会えるわけでもないから

結局本当の答えは解れないかもしれなし

解れてるのかもしれない。

確かめることは叶わない。

(想像でしかないってことかぁ。)





うわぁ!!今日は良かった、楽しかった。

なんて、浮かれてはいられない。

(確かに。)





また、聴かせていかなくてはいけなくて

伝えていかなくてはいけない。

(同感しました。)









表向きは間逆かもしれないけど

結局、やっていくことは同じかぁ。




感じ方の違いですかね。

みんな同じ性格ではないですもんね。

でも結局同じなんだったら

私は楽しい方を選ぶかな 。。。











トータルビューティーサロン エムスラッシュ東戸塚・FIEL たかはた










スポンサーサイト
2012.01.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mslashfiel.blog65.fc2.com/tb.php/300-87a7ddfa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。